闇金に銀行口座を送れと指示されている人!絶対に送ってはいけません!

通帳とキャッシュカードを担保にすれば、融資が可能になると提案してくる、貸金業者は完全に闇金融業者なので絶対に関わらないように!

この手口は、最近闇金が頻繁に使う悪質な手口です。

口座担保融資や表隠し融資と呼ばれている闇金の手口です。

そもそも、銀行や郵便局の通帳やキャッシュカードを、他人に渡すという行為自体が法律で禁じられており、完全に違法行為になります。

どうしてもお金を貸して欲しいと言う人の心の隙につけこんで、振り込め詐欺や、ヤミ金業務で利用する銀行口座を騙し盗ろうとしています。

口座担保融資

通帳・キャッシュカード担保詐欺の手口

お金を借りルために、インターネットで色々探していると、「すぐにお金を貸します」「誰でも融資可能」などと審査が甘そうな融資サイトがたくさん見つかると思います。

このような金融サイトは、ほとんどが闇金です。

このような闇金サイトに申し込みしてしまうと、

「審査をしたけど、あなたの個人信用情報があまりよくなく、現状では貸す事が出来ません。なんとか融資したいのですが、今までアナタが使っていた銀行口座に振り込むと、過去に他社から借り入れのあった口座(信用情報の属性の悪い口座)に融資するとはダメだろう!!と金融庁から業務改善命令がきてしまう。」

「なので今までの銀行口座には振込が出来ないので、新規に銀行口座を作って、その口座で入金と返済を繰り返す事によって、信用が回復し融資可能になるので新規口座を作ってキャッシュカードと通帳を送って下さい。」

といったような言い回しで、通帳とキャッシュカードを送らせようとする。

わかりやすくもう一度説明すると、

1.現在は信用情報が悪いので融資が出来ない。

2.現在、融資ができない人が利用していた銀行口座は属性が悪いのでその銀行口座にお金を振り込むとブラック属性の人にお金を貸したと金融庁に目をつけられる

3.現在持っている銀行口座には振込できないので、新たに銀行口座を作り、その口座に入出金を繰り返せば返済をしていることが証明できるので実績がついて融資が可能になる

4.新規口座を作って、通帳とキャッシュカードをこちらに送ればこちらで実績を作ったように見せかけてあげる

5.通帳とキャッシュカードを送ってしまう、、、

詳細は→闇金の新たな手口!「銀行口座担保詐欺」銀行口座を騙し取る手口を大公開

当然ですが、銀行口座を送っても信用回復などはしません、それどころか、その口座をヤミ金の振込口座や振り込め詐欺などの犯罪に使われしまい、結果的に違法行為に手を貸す事になってしまいます。

なぜ闇金は通帳や口座・キャッシュカードを欲しがるか?

闇金業を行うに当たって、必ず必要なのが、携帯電話とお金を振り込ませて引出すための銀行口座です。

当然ながら闇金業は違法行為なので足がつかない、銀行口座が必要になります、しかし最近は振り込め詐欺などの特殊詐欺にも足がつかない銀行口座が利用されているために、闇金自身も銀行口座をだまし取るのが難しくなっています。

闇ルートでも銀行口座不足が深刻になっているようです。

しかも、銀行口座は被害者が警察に相談する事によって、すぐに凍結されてしまう可能性が高いです。

このために、闇金は携帯電話と銀行口座が大量に必要になるため、騙し取ろうと必死になっているのが現状です。

常に新しい銀行口座が必要になるため、闇金は常に銀行口座を必要としています。

通帳とキャッシュカード闇金に送ってしまうとどうなるか?

闇金にキャッシュカードと通帳を送ってしまうと、ヤミ金の回収や貸しつけに利用され、不特定多数の口座からの入金や振込が行われることになる。

一般の人の銀行口座に、入金と返済が頻繁に繰り返されることは通常はありません、入出金が多くなると、銀行が怪しく思い、口座凍結という結果になる。

他にも闇金の被害者が、指定された口座に振込したと警察に相談すると、口座凍結される場合もあります。

銀行口座が闇金に利用されていたことが明るみに出ると、警察から連絡が入り長時間の事情聴取を受ける事になります。

そしてその銀行では口座を利用することが出来なくなります、そしてここが一番困ることですが、その情報を他の銀行も共有することになります。

銀行口座を闇金に利用された事が、他の銀行にわかってしまうと、新たに銀行口座が作れなくなります。

銀行口座が作れないということは、給料振り込みが出来ないのはもちろん。家賃や公共料金の引き落としも出来なくなります。

給料振込が出来ない人は、会社としても問題ある人だと判断されて、クビになったり、就職出来なくなる可能性も高いです。

本当に、日常生活に困る事になってしまいます。

現在、闇金に銀行口座やキャッシュカードを送れと指示されている人は、絶対に送らないようにして下さい。

 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする