闇金への電話がつながらない場合の対処法

闇金に返済したいのに電話が繋がらない時の対処法

闇金に借りてしまって、返済日に闇金業社に返済しようとしても電話が繋がらない場合は注意が必要です。

闇金へ返済する方法は通常の消費者金融とは違い、特殊な返済方法になります。

  • 返済先の振込先が個人口座になっている。
  • 返済の振り込み前に連絡をするように指示される。

返済日になったので、返済しようと闇金に電話をかけているのに電話が繋がらない場合は危険なサインです。

振り込み前に電話をしろと指示してきたにも関わらず電話が繋がらない場合は、闇金問題が長く可能性が高いので、すぐに闇金問題に強い専門家に相談することをオススメします。

【全国対応】ヤミ金の問題解決します!ウイズユー司法書士事務所

【女性専用窓口はこちら】ヤミ金レスキューのウイズユー司法書士事務所

闇金への電話が繋がらない付き合いが長引き可能性が高い。

闇金嫌がらせ

闇金に返済する時の条件として、返済前に必ず連絡をして返済先の銀行口座を確認してから返済するように言われます。

しかし、返済日に電話をかけても、わざと電話に出ない場合があります。

これには理由があり、返済を無効にするためなんです。

普通の人は、闇金に電話をかけても出ない場合は、以前に聞いた銀行口座に振込して返済する場合が多いと思います、しかしこれこそが闇金の巧妙な罠なんです。

電話が繋がらないので、数時間たって電話をしたら闇金に電話が通じます、その時に振り込みをしたから確認をお願いすると、とんでもない対応をされます。

  • 「振込前の電話がなかったから今回の返済は無効ですよ!」
  • 「仮に振込したとしても、指定の振込口座じゃないので確認も出来ないのでもう一度振込して!」

と理不尽なことを平気で言ってきます、電話に出なかったのはそっちじゃないか!と言っても話が通じる相手ではありません。

闇金が返済日に電話に出ないのは、何度も返済させて完済させずに、一生離れられないようにするのが目的なんです。

これが完済ブロックと呼ばれる闇金の手法なんです。

振込前に連絡をさせる理由

闇金がなぜ、振込前に電話をさせるのかというと、返済したお金をすぐに引き出す必要があるからなんです。

闇金が利用する振込先の銀行口座は、個人口座になります、実はこの口座の持ち主は闇金業者ではなく、同じ闇金からお金を借りている他の人の銀行口座なんです。

なぜ闇金が、他人の銀行口座を持っているかと言うと、闇金でお金を借りたい人が闇金に言われて、お金を貸してもらうために仕方なく銀行口座を担保にした場合が多いんです。

闇金が恐れるのは、口座の持ち主が警察や弁護士に相談をしてしまって、銀行口座が凍結されてしまいお金が引き落とせなくなる事なんです。

これを防ぐために入金されたらすぐにお金を引き出すために、必ず振り込み前に連絡をさせるんです。

闇金の電話が繋がらなくなるのは完済の少し前です。

闇金への返済の電話が繋がらなくなるタイミングは決まっています、返済が進んで次の返済で完済になる場合に、電話が繋がらなくなる場合が多いです。

残り少しの金額で完済の場合にわざと返済させずに、なかなか返済さえないようにするんです。

電話が繋がらなくなったら早めに弁護士に相談を!

闇金業者へ電話がつながらなくなってしまい返済ができないで困っている人は、すぐに闇金問題に詳しい専門家に相談する必要があります。

闇金相手に完済間際まできちんと返済している時点で、かなりの金額を闇金に渡しているはずです、何より闇金には違法な金利の時点で返済の義務もありません。

闇金問題に詳しい弁護士や司法書士から闇金業者へ取り立てを止めるよう電話を入れてもらうと、ビックリするほどすんなり解決する場合がほとんどです。

間違っても、自分で闇金業者に交渉しないようにしてください、かえって嫌がらせを受けてしまうことになってしまいます。

もう一点注意が必要なのは、依頼する弁護士や司法書士が闇金問題に強い人を選ぶ必要があります。

闇金問題に強い弁護士や司法書士に依頼しないと、かえって話がこじれてしまう場合があります。

こちらでは、闇金問題に詳しい司法書士を紹介しています。

【全国対応】ヤミ金の問題解決します!ウイズユー司法書士事務所

【女性専用窓口はこちら】ヤミ金レスキューのウイズユー司法書士事務所

闇金に返済したいのに電話が繋がらない場合は、すぐに闇金対応専門の弁護士にお願いしてください、今後の対応を無料で相談に乗ってもらえますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする