ビジネスローン(事業者ローン)を取り扱う闇金も存在するので注意して下さい。

ビジネスローンにも正規の金融業者を装った闇金が存在します、個人事業主や法人を相手にお金を騙し取ろうとする悪質なビジネスローン闇金も存在するので注意してください。

ビジネスローン(事業者ローン)とは?

事業資金調達に便利な事業者ローンとはどのようなサービスかと言うと、中小企業の経営者や個人事業主の資金繰りに大きな味方になってくれる、ビジネス専用のローンです。

個人事業主や中小企業は、銀行が常に融資をしてくれるとも限ら無いので、常に資金繰りの問題がつきまといます。

そのようなときに心強い存在が、「ビジネスローン(事業者ローン)」です。

ただし、この便利さを悪用して、個人事業主や中小企業をターゲットにお金を騙し取ろうとする闇金が存在することも事実です。

一般的なキャッシング(カードローン)は、個人を対象にした金融商品になっているので、利用目的は基本的に自由になっていますが、例外として事業目的の利用は不可とされる場合もあります。

そのため、中小企業の経営者や個人事業主が、ビジネスの資金を調達するには、一般的なカードローンを利用することは原則として出来ません。

しかし、ビジネスローンは、事業者を対象とした金融商品なので、当然ですがビジネス用の資金として利用することが出来ます。

本来、事業目的の融資は、銀行や日本政策金融公庫が得意とする分野ですが、融資を受ける上で、膨大な資料の提出が必要になり、しかも融資までに時間がかかります。

しかし、ノンバンク系が扱うビジネスローンは、審査も早く、融資も最短であれば即日融資を行なってくれる金融会社もあります。

ノンバンク系の事業用ローンの審査はスコアリングシステムを採用している会社が多いです。

ビジネスローンの審査基準

スコアリングシステムとは、統計的データに基づき、融資希望者の信用度をスコア化することによって融資の可否を決定する方法です。

ノンバンク系のビジネスローンには、担保や保証人を必要としない無担保ローンと、担保や保証人が必要な有担保ローンの2種類があります。

無担保のビジネスローンは、不動産を担保に出来ない個人事業主であっても、審査に通れば融資を受けることができます。

ただし、無担保・無保証で融資を受けられるビジネスローンは、銀行の融資と比較すると、金利が高めに設定されていたり、融資金額が少なかったりする場合がほとんどです。

その反面、担保があるビジネスローンは、多額の事業資金を低金利で利用できる便利なローンです。

ただし、不動産を担保にする場合は、法務教に行って必要書類を揃えたり、抵当権の設定などが必要になるなど、審査期間が無担保のビジネスローンより長くなるので、急を要する融資には向いていません。

さらに、不動産に担保権を設定するには、登記費用などの諸費用が必要になるために、金利以外の余計な資金が必要になります。

ビジネスローンは総量規制の対象になるのか?

そして、ビジネスローン(事業者ローン)の最大の特徴と言えるのが、総量規制が対象外になると言うことです。

個人事業主がすでにカードローンなどで融資を受けている場合でも、ビジネスローンは総量規制対象にならないので、融資を受けることが可能です。

とはいえ、金融機関は、CICなどの個人信用情報機関を利用して、個人の借入状況を参照するので個人的にあまりにも借り入れが多い場合は、事業者ローンの融資が否決になる場合があります。

事業資金に悩んでいる方は、個人のローンだけでなく、ビジネスローン(事業者ローン)の利用を検討してはいかがでしょうか。

しかし注意しないといけないのは、ビジネスローンにも闇金が存在すると言うことです、特にFAXを無差別に送りつけてきて、低金利での高額融資を匂わせてくるのはほとんどが闇金だと思ってください。

そこでおすすめなのが、株式会社ビジネスパートナーのビジネスローンです。

来店不要で、原則無担保無保証で、運転資金として使途自由になっているので、個人事業主や中小企業の経営者の強い味方になっています。

ビジネスパートナー公式サイト→

当然ながら、きちんと国から許可を得ている金融会社なので安心して利用することが出来ます。

スマートフォンやパソコンから24時間いつでもお申込みが出来るので、来店する必要がありません。

返済や借り入れも、セブン銀行のATMで出来るのでお手軽に利用出来ます。

ビジネスローンは、個人事業主や中小企業の経営者の強い味方になってくれます、しかし闇金も存在するので、悪質な違法業者に騙されないように注意して下さい。

 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする