闇金被害による口座凍結の恐ろしさ!日常生活が過ごせなくなります!

最近、闇金と関わってしまって、銀行の口座が凍結されてしまい、新規の口座開設も出来ず、日常生活が送る事が出来ない人が増加しています。

現在、闇金と呼ばれる業者のほとんどが、お金を貸す事はなく、銀行口座や携帯電話を騙し取る詐欺を行っているのがほとんどです。

本当に、闇金業を行っているのは、いわゆる「ソフト闇金」と呼ばれる業者が、ごく一部存在する程度で、ほとんどが詐欺業者です。

綺麗なスマホサイトで、お客様を誘導して、お金を貸し付けるような話を持ちかけて、言葉巧みに携帯電話や銀行口座を騙し取る事を目的としています。

口座担保融資

このような闇金を装った、詐欺犯罪者が、「融資する条件に銀行の通帳とキャッシュカードをセットにして送らせる」ことを求めてくるケースが多発しています。

万が一、闇金に騙されてキャッシュカードを送ってしまうと、警察に、被害者ではなく加害者として扱われてしまう可能性が非常に高いです。

お金を借りたいという事で目先が見えなくなってしまい、とんでもない取り返しのつかない事態を招いてしまう事になってしまいます。

どんな理由があろうとも、銀行口座を他人へ渡すという行為は法律で禁じられています。

理由は簡単で、振り込め詐欺などの特殊詐欺の犯罪に、あなた名義の銀行口座が使われてしまうからです。

振り込め詐欺の口座として使われてしまったら、当然ながら警察は、その犯罪に利用された口座の名義人を容疑者として捜査します。

闇金は、「銀行の通帳とキャッシュカードを落としてしまった!」と言えば警察は誤魔化せるとアドバイスするかと思いますが、もし本当に落としてしまった場合でも銀行に紛失届を出さないといけないので、そんな甘い話は通りません。

警察の事情聴取で、「何も知らずに、銀行口座を他人に手渡しただけです。」と説明してもそれを証明する事が出来ないので、結果的にあなたも犯人の一味と疑われます。

銀行口座が凍結されて一番困る事

銀行口座が凍結されると一番困る事は、公共料金やクレジットカードの引き落としや振込が出来なくなってしまうという事です。

新しい銀行に行って、新規に口座を作れば問題解決になる、、、とはいかないんです。

口座凍結の情報は銀行間で情報共有されるため、1つの口座が凍結されてしまうと、その情報は、銀行同士が情報共有しているので、振り込め詐欺救済法という法律に基づき、被害者救済のために分配されるので、同じ名義である全ての銀行口座が凍結されます。

簡単に言うと、闇金に騙されて銀行の通帳とキャッシュカードを送ってしまうと、銀行口座を使えなくなってしまうと言う事です。

引き落としではなく、コンビニ払いにすれば何とかなると思う人もいるかもしれませんが、給料の振込も出来なくなってしまうんですよ。

今の時代に、手渡しで給料を渡すと言う会社は少ないと思います、ほとんどが振込で給料が支払いされると思います。

何より、会社に銀行口座を持っていないと伝えると、怪しまれて最悪のケース、会社を解雇になってしまう場合もあります。

実際には、犯罪には一切関わっていないと、金融庁や警察に申し立てても、口座が犯罪に使われた事実があると、最短でも約1年、長ければ今後一生、口座を持てない状況になる可能性もあります。

銀行口座を凍結されてしまった場合の解決策は?

通常であれば弁護士や司法書士にお願いするべき案件なのですが、現在のところ最善の方法は無いと言えます。

弁護士が介入してもすぐに凍結解除や新規口座開設出来ないのが現状です。

どのような事情であれ、あなたの銀行口座が犯罪に用いられたので、身の潔白を証明する事が必要になりますが、潔白が証明できたところですぐに銀行口座は作れません。

このような自体を招いてしまうので、他人に自分名義の銀行口座は絶対に送らないでください。

もしも通帳やキャッシュカードを渡さないまでも、口座番号を教えてしまった場合は、その口座は解約することを強くおすすめします。

ヤミ金、詐欺犯罪者には、絶対にかかわらないでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする